海外でF1をお得に観戦【旅行が二倍楽しめる秘密の窓口】

世界最大のサーキット

旗

マシンの総合力が問われる

世界各国を転戦して回るF1グランプリですが、ドライバーやコンストラクターの中でも特に攻略しがいがあると言われているのが中国グランプリです。普通の人はF1カーは300kmを超えるスピードが出る車と考えがちですが、レースはただスピードが出るだけでなく、なめらかなコーナリングと正確なブレーキングも重要です。F1中国グランプリでは、最高速度とコーナリング、そしてブレーキングの3つを高いレベルで有していないと勝利することができない総合力が試されるサーキットになっています。中国グランプリが開かれるサーキットには2本の長いストレートがあり、それぞれ時速330kmや320kmほどのスピードがでます。時速300kmを超えるストレートを2本持つサーキットはあまりなく、あったとしてもそのサーキットは高速サーキットとなり、最高速と加速力を重視するサーキットになっています。長いストレートのあとには時速60kmほどまで減速しなければならないコーナーが待ち構えていて、減速Gが5Gにもなるほどブレーキやドライバーに負担をかけます。高速コーナーと低速コーナーがバランス良く配置されているので、ハンドリングも重要なサーキットになっています。F1中国グランプリが開催されるサーキットは世界でも最も巨大なサーキットの1つで観客の数は20万人以上を収容します。サーキットに入りきれない観客がいるほど大きな盛り上がりとなり、レース自体も興味深いため、多くのグランプリの中でも高い人気を誇るレースとなっています。

Copyright© 2018 海外でF1をお得に観戦【旅行が二倍楽しめる秘密の窓口】 All Rights Reserved.